ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

正月

正月っていつまで?行事のあれこれ意味や由来その過ごし方とは?

2016/08/27

お正月って、のんびりとダラダラ過ごしたいけど、
結構やらなきゃいけない事って、ありますよね。

nenga2017
みなさんは、正月行事ちゃんとやってますか?
正月って一体、いつまでを正月と呼ぶのでしょうか?

今回は、正月の間に行う行事のあれこれを、
意味や由来も含めて、その過ごし方を、
詳しく記載したいと思います。
(コレが終われば、正月も終わりかなぁ~)

ぜひ、参考にして下さいね。

正月行事のあれこれ!意味や由来その過ごし方とは?

お正月は、除夜の鐘が終わったときから始まる?


鐘付き堂001

いいえ、年がまたがっても、突かれている場合が
ありますから、現代ではやはり、ジャニーズ
(サザンでも福山でもいいけど)のカウントダウン
終了直後から新年なんだと思います。

そこから、順をおってやっていく行事
列挙して行きますね。

これを見ると、絶対『寝正月』はできなくなりますから。
(ゲッ!怖っ!)(゚д゚)!

あっ、まずは簡単に控えた方がいいことから。

お正月中は掃除はしません。
してはいけないのです。

お家には「年神様」(正月の福の神)が
いらっしゃっているので、あまりバタバタと
ほこりをたてては、いけないのです。
年末に大掃除をしているので、大丈夫です。

また、台所作業も火の神様や、水の神様を
正月早々、騒がせてはいけないので使用しません。

おせちは三が日、台所を使わなくてもいいようにと、
考えて作られているものですから、なるべく台所作業を、
女性にさせないようにしてくださいね。

包丁も「縁を切る」なんて事に通ずるので、
できる限り、使用は控えましょう。


お正月で実家だから、帰省する人がいる。
この帰省する人のために、おかあさんも
同居するお嫁さんも、過酷な労働を強いられます。

これでは、実家にいる人にとってみれば、
正月なんてもんは、ないですよね。

『実家はいいわね』なんて言ってないで、
布団も自分で敷いて、自分の食べるものくらい
自分のお金で用意して、実家に迷惑をかけないことが、
現代、平成の帰省の鉄則です。
できないなら帰って来るなです。

久しぶりの帰省だと、手取り足取りやりたがる
親もいますが、あとで疲れが出ます。
できる限り、甘えないようにしましょう。


正月っていつまで?行事のあれこれ!


お正月って、行事がたくさんあるんですよ。
正月って、いつまでのことを言うんでしょうか?

元日


さて、元旦
いや元旦は、元日の午前中のことですから、
元日ですね。

まず、神棚にお神酒とお頭(おがっしゃ)、
お雑煮などを上げ、ろうそくを灯します。
213101 初詣に行かなくても、神棚は家の神様ですから、
ここで拝んでもいいのです。
(あくまでも、神道日本の人で、キリスト教など他を
信仰してる人は、この手順ではありません)

それから、それらをお下げして初めて、おせちやお餅、
お雑煮などを、紅白の熨斗的箸袋に入った、
いつもと違うお箸でいただきます。

お正月に家へ来られる年神様は、元日の午前中に
来ると言われています。

夜更かしして昼まで寝てた!
なんて事のないように、して下さいね。

うちの家でも、お年玉をエサに、早朝から
たたき起こされていたのを、よく覚えています。

二日


二日、庶民には買い初めがあり、商人には
初売りがあります。
108396 元日にお金を使うと、お金が出て行くだけの
1年になると言われているので、二日から
お金の流通は始まります。
(初詣のお賽銭や、おみくじの立場の問題
もあるんですけどね・・)

庶民には、ゆっくりとした元日がありますが、
商人は二日から商売を始めるための準備があるで、
元日も平日と同じです。


その代わりに、1月15日の小正月から16日の
藪入りにかけてお休みをします。

二日は、書き初めにあらわされるように、
すべての始まりの日です。

今年のお初です。
初竃、初髪、初鏡、初夢、初湯、初日記、初笑いなど。
(お笑い番組も本当は二日からですよ!)

三日


三日は、二日と同じような感じ。
三日までを、めでたい三が日と言います。
三日の夜にもなると、毎年父が言ってました。
「正月休みも、あっという間やなぁ~」と・・

四日


四日は御用始めで、官公庁が動き出します。

396202

今はカレンダー通りですが、昔は、日曜日でも、
四日から官公庁も銀行も、女子は和服で始まりました。

帳簿を新しくする新会計年度初日が、
四日御用始めになったのかと思われます。

また四日は、お嫁さんが実家に挨拶に行く日
でもありますし、台所の火の神様の日でもあります。

七日


七日は七草。
七草がゆを早朝にいただきます。
七草がゆは、お餅やごちそうで不規則になった胃腸を
整える役目をします。

326904
七日に、七草がゆを食べることで、新年の無病息災を
願うという意味が込められています。


また、七日は消防の出初め式です。
昔は、そろいの法被で、とてもたくましかった
そうですよ。

このころから、市場によって、初市、初荷、初商いが
始まります。

そして、今は厳密にNHKの放送予定に合わせて、
初場所も始まります。

宮中の歌会始などもあります。

七日以降


14日は各所で、お正月飾りを燃やす『どんと祭』
いわれるお祭りが神社で行われます。

どんとの火にあたると、1年間風邪をひかないとも
言われていますが、どんと祭に行った為に、
風邪をもらった、とも言われるので、とにかく、
温かくして行ってくださいね。


そして、14日が女のお年とりであり、15日が小正月。
別名「女正月」や「二番正月」とも・・。

そして小正月には、早朝に小豆がゆを食べます。
これは「家族が1年間、まめに健康で過ごせますように」
という、願いを込めて頂きます。

小正月は、豊作祈願など農業に関連する行事が
多く行われます。

昔、1月15日の小正月は「成人の日」として
祝日だったんですよ。


そして、女正月と呼ばれるのは、
正月に、やってはいけないとされていても、
三が日に、休むことができなかった主婦たちを
ねぎらい、休ませてあげる為にある日です。

074593
できれば、お父さんはどこか健全な場所に
泊まってきて、女性陣を休ませてあげてくださいね。


16日は、藪入りです。
住み込みの従業員さんは、実家に帰るために
休んでもいい日です。

地獄の釜の蓋も開くと言われており、閻魔大王も
地獄に堕ちた人もお休みです(ちなみに8月16日もです)。

昔この日には、出産すら『明日にできないのか?』
産婆さんや産科医に言われるほど、本当のお休みだったと
言えます。

地獄の釜の蓋が開いているので、ご先祖様も
お休みなので、お墓参りをする地方もあります。
(ちなみに、東北は寺までは行けますが、墓までは
スコップ持参なので参らないかも・・)

だいたい、16日でお正月行事も一段落です。

それぞれの日にやることがあり、それぞれの日に
細密な決め事や意味があるのが、お正月。
それをお正月行事と呼びます。

古くから伝わる、日本の伝統行事は、
いつまでも大切にしたいものですね。

-正月
-, ,