ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

正月

正月飾り!いつからいつまで飾るのが正解?正しい処分方法は?

2016/08/29

お正月飾りって、いつからいつまで
飾るものなのか、ご存じですか?
107432
年神様(正月の福の神)をお迎えするし、
やっぱり、ちゃんと大掃除を済ませ、
清々しい気分で、飾りたいですよね。


ばあちゃんがいる頃は、
「今日、正月のお飾り、しとかなアカンな!」
なんて、言ってました。

今考えると、飾る日ってあんの?
と、言った感じです。


今回は、正月飾りは、いつからいつまで飾る
ものなのか?
そして、正しい処分方法を記載しました。

ぜひ、参考にして下さいね。


正月飾り!いつからいつまで飾る?正しい処分方法は?


新年を迎えるって、ちゃんとした段取りも
大切なんですよ~。

いつから飾る?


基本、これは神にかかわることなので、
一家の旦那殿、男の人が飾るしきたりに
なっています。


お正月飾りはまず、神棚に飾る大国主尊など
4枚のお札は、地元住んでる場所の鎮守(神社)が、
12月15日過ぎあたりから、販売、あるいは配布します。

その他、しめ縄や門松、鏡餅などは、スーパーで
11月末から販売していますが、街の専売所は12月22日の
冬至を目安に開設されますから、できればそちらで
購入したほうがいいです。

なぜ冬至過ぎなのか?というと『苦を背負い込む』と言って、
9の付く日に飾るのは、忌み嫌われてやってはいけない
ことになっています。

でも、スーパーで、11月30日に買ったとすると、
12月9日や19日に『うちは一足お先にお正月よ』と
うっかり飾ってしまう方も、出現するからではないかと
思われます。

冬至過ぎの9の付く日は、29日だけですから。

29日は、苦持ちとされ、餅をつくのも掃除をするのも、
正月用品を買うのも避けるべき日です。

(本当は、絶対やってはいけない日なんです)


苦になるのは嫌ですが、ここに苦の理屈を
持ってきたのは、慌ただしい年の暮れに、
そのまま突っ走らないで、「小休憩しよう」
という先人の知恵が、生きているのだと思われます。

ですから、お飾りは22日過ぎの、大安あるいは
友引が良いと思われます。


赤日でも、正午きっちりに飾ればセーフです。
仏滅は避けてください。


飾ってはいけないとされている日は、
29日31日


31日は、一夜飾りと言って、葬式の飾りをイメージ
させたり、神様の起こしを粗末にしているという
意味があるので、やってはいけないことです。
(光秀の三日天下状態)

お正月の生け花も同じです。

あとは、まあまあご不浄の日でなければ、
飾っても良いと思います。

できれば、釘は使わないで 、紐とか藁とかを
使って上手に飾ってください。

紙物は、アラビックヤマト系の化学糊ではなく、
ご飯粒を指でこねて、粘着材として使ってください。


いつまで飾る?正しい処分方法は?


さて、いつ外すのか。
おおまかには決まっていますが、
地方によって、少し違いがあります。

7日の七草をきっかけに、お松を外す地方もあります。
14日に外す地方もあります。

それは、今、あなたがお暮らしの地方の習慣
お外しください。
近くの神社に行って、確認するのもいいかも
しれません。


299644

7日に外す地方には『どんと祭』と言って、
お飾りを14日に神社などで、お炊き上げをするために、
家中の前年のおみくじやお守りも集めます。

ですが近ごろでは、消防法の関係などにより、
取り行われない神社もありますので、事前に確認して
おいて下さいね。

14日に外す地方も、集荷ゴミではなく、神社関係
処分の仕方があると思われますので、その方法に
従ってください。

処分情報が仕入れられない場合は、ポリ袋やゴミ袋に
入れる前に、塩でお清めをして、半紙などに包んで
『特別な存在』にしてからゴミ袋に入れてください。


あと、お供え物の鏡もちは、家内安全を願い
ぜんざいや、お雑煮にして頂きます。


最後に


ファッション雑誌や週刊誌に、特集があったから、
一度、飾ってみますぅ~というような、
神様への信仰が特別ない人は、やらない方が
いいとご忠言いたします。

クリスマスがあって盛り上がり、正月だから神道の
神様詣出というのは、現代の日本人の一番無節操な
ことですから。

正月飾りには、神様がお越しになる目印であったり、
厄を払い、福を届けるといった、大切な願い
込められています。

多少なりとも信仰があって、神様を敬う心あっての
お正月飾りを忘れないで下さいね。

-正月
-, ,