ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

正月

除夜の鐘をつく意味とは?どうして108回なの?

2016/09/03

大晦日の夜のこと、そろそろカウントダウンも
始まる、「もうすぐ除夜の鐘が108回鳴るよ~」と
遊びに来ていた親戚の子供に言ったところ、

「除夜の鐘ってなに~?」
「なんで100回じゃないの~?」と
いかにも子供らしい質問が飛んできた。

基本 CMYK

確かに、7歳というお年頃、どんなことでも
「なんで?なんで?」と質問したがる。

おまけに、うちの15歳になる娘までが、
「ほんまやな~ママなんで108回なん?
回数って決まってるの?」とまで言ってきた。

ご、ごめん・・わたしも知らない・・
「108回と決まってるから~」
とも言えない。

ってことで、今回は除夜の鐘をつく意味と
なぜ、108回なのか?を詳しく調べてみましたので、
あなたも参考にして下さいね。

早速、いってみましょ~う。

除夜の鐘はどうして108回なの?


なぜ108回つくのでしょうか?
それは煩悩の数だから・・
と、お答えになる方が、大半だと思います。

じゃあ、煩悩の数がなぜ108なの?
答えられないでしょ。


煩悩の数え方は、

眼(げん)、耳(に)、鼻(び)、舌(ぜつ)、
身(しん)、意(い)の六根(ろっこん)のそれぞれに、

好(こう:気持ちがいい)と
悪(あく:気持ちが悪い)と、
平(へい:どうでもよい)があって、18種類。

この18種類にそれぞれ、
浄(じょう)、染(せん:きたない)の2類があって36種類。

この36種類を、「前世、今世、来世」の三世に配当して
108になり、煩悩の数と呼ばれるってことです。


煩悩を、美味いものが食べたい、お金持ちと付き合いたい、
出世したいなどの欲と、考えてる方も多いと思います。

ですが仏的には、そんな個人の欲とは別な次元に、
煩悩はあるのです。


388020

まあ、煩悩の他に、月の数が12個、二十四節気の数24、
七十二候の数の72を、足した数が108となり、
1年を表すから。

または、
四苦八苦を取り払うで、4×9+8×9=108という
説もあります。
(本当に、日本人は語呂合わせの好きな民族ですね)


つまり、諸説あるため、本当はコレ!ってのが
わからないので、煩悩にしとこうでいいのかもしれません。

ご自身で思う、108回つく説はコレだ!
でいいと思います。
(あなたは、どの説だと思いますか?)

わたしは、煩悩の数に1票。


除夜の鐘をつく意味とは?

大晦日のお寺(菩提寺)に行ったことがありますか。
是非行ってみましょう。
(菩提寺とは、先祖代々のお墓のあるお寺のことです。)


まず昼間は、空気がとてもきれいです。
澄み切ってるとでも言えるでしょうか、
お墓がとても静かなのです。

お盆やお彼岸に行ったときの、墓石から伝わってくる、
ざわめきのようなものがないのです。

そこには多分、霊とかなんだとか
心霊ものみたいなものはないです。

また、鐘をついてるときにも行ってみてください。

NHKで放送されている所でもいいですし、
初詣をしてない、静かなお寺(できれば菩提寺)
でもいいです。

鐘をついてる横で、正座をして手を合わせて
みてください。


048596

自分が一年間、持ってきた邪心が消えます。

この1年間、自分をよく生かしてくださいました、
家族みんなを健康で生かしてくださって、
ご先祖様ありがとうございます。

と、感謝の念しか、出てこなくなるし、
また、玉砂利も不思議と寒くないです。

もちろん、お墓から誰かが化けてくるとかは
100%ないです。

新しい年に、邪心を持ち越さない。

きっと仏様の気持ちも、清められるために、
年の変わる、大晦日の夜から除夜の鐘は
つかれるのだと思います。


なお、大晦日のことを除日(じょじつ)とも言います。
「除」には、古いものを捨て、新しいものに変わるという
意味があり、「除夜」とは除日の夜を意味し、
そのまま「除夜の鐘」となったとも・・

ですので、古い年から新しい年へ向かう鐘、
という意味も表しています。



111280

除夜の鐘は基本、お寺でつかれるべきものですが、
必ずしも、そうだとは限りません。

江戸時代から明治時代にかけて、
「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」
端的に言えば神道を大切にしよう、お寺を排除しよう。

「神仏分離令(しんぶつぶんりれい)」という、
神と仏を分けようという法律が出されていた
時期がありました。


そのため、神社の形はしているけども、
実は根本は、お寺ってとこもあります。

反対に、お寺の体をなしてるけど、
実は神社だった、ってところもあります。


また、戦時中の鉄の供出で、鐘そのものを
お国に出してしまい、鐘つき堂はあるけど、
鐘がないというお寺や神社もたくさんあります。

なので、地域によっては、お寺さんが神社に頼んで
除夜の鐘をついてもらってる、ってところもあるので、
神社に詣でることは、間違いではありません。
(宮城県における塩竈神社的な・・
明治神宮における、善光寺みたいな感じ・・)


繰り返しになりますが、大晦日にぜひ、菩提寺に詣でて、
身も心も1年の思いを、お寺さんに納めてきてくださいね。

あなたのその思いを、
ご先祖様が、ちゃんと持って行ってくれますから。

新しい年を、清々しい気持ちで迎えるためにも・・

-正月
-, ,