ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

正月

初夢っていつ見る夢か知ってる?いい夢を見る3つの方法!

年が明け、初出の日、職場では毎年
「どこかいった?」「正月太りした!」など
話題になりますよね。

今年は「初夢を見た?」ってのも話題になり、
見たって人もいれば、見てないって人も・・

307429
その中で、ある女子が「いくつも見た!」って
言ったのです。
(いっ、いくつもって何よ?)(。´・ω・)?


みんなが「えー初夢って、今年一番に見たゆめじゃないの?」
「いやいや、元日から2日にかけて見る夢でしょう?」などと
スゴイ話題になってしまった。

その女子は元日の夜から見た夢で、朝起きるまでに
いくつも見たというのです。


昔から「初夢、初夢」って、よく耳にするけど
実際のところ、いつ見る夢が初夢なのでしょうか?

カウントダウン見ました寝ます、
ここで見るなのか。

みかん食べました、こたつでうたた寝して
見た悪夢なのか。
(こたつで寝ると怖い夢見ませんか?)

ちゃんと、布団に入って元日から二日にかけて
見る夢なのか。

総合してその中で、覚えてるかぎり
一番いい夢なのか。

元日にうたた寝するたびに、まだ二日じゃないから、
これは初夢ではないの?

ん・・(-"-)
考えれば考えるほど、分からなくなってしまう・・。

って、ことで今回は初夢に関して記載しました。
「これって、初夢になるの?」と疑問に思った方は、
ぜひ、参考にして下さいね。

初夢っていつ見る夢か知ってる?


初夢。
辞書も歳時記も、
「その年になって、初めて見る夢」
となっています。

ですが定説では、正月二日に見る夢とされています。

だから、どっち?
と言いたくなりますよね。


基本夢は、特に印象的でない限り、午前中には、
いやいや、起きて1時間もすれば、頭から消滅するのです。
そうです「夢ははかない」もんなんです。
(あの、甘い夢をもう一度・・( *´艸`))(無理!(-"-))

327007
そして、歳時記には
『その夜については区々で一定しない』ともあるので、
夜見た、いい夢を初夢としても、いいんですよ。


古い風習なのですが『初夢を見る日』に関しては、
いがいと曖昧なんですよね。

現代だったら『今年初めてみた夢』の説で、
いいと思います。


んじゃ、できるもんなら、いい夢を見たいですよね。


いい夢を見る3つの方法!


昔から伝えられている、いい夢を見る方法が
あるんですよ。


『いい夢を見る3つの方法』

  1. バク(大和田ではない、夢の世界の動物の方)の札を
    敷寝すると、バクが悪い夢を食べてくれるという、
    中国の俗説があるのです。
    (いい夢しか残らないんですね。)(*´▽`*)

    (でも、バ、バクね・・だったら、好きなあの人の写真は
    やめた方がいいんだか、悪いんだか・・)(-_-;)


  2. 枕の下に七福神が乗った宝船の絵に、
    『なかきよのとおのねふりのみなめさめなみ
    のりふねのおとのよきかな』


    漢字で書くと、

    『長きよの とをのねふりの 皆めさめ 
    波のり船の 音のよきかな』



    271662

    これは古くから日本に伝わる「いい夢を見る」という
    回文(上から読んでも下から読んでも同じ文章)の歌が、
    刷ってあるものを敷くといいと、言われています。


  3. そして3つめは、楽しいことを考えながら、南枕で寝ると、
    いい夢が見られるという、おまじないもあるんですよ。
    ポイントは、必ず、楽しいことや、嬉しいことを
    想像しながら、眠りにつくことです。


まっ、鎌倉時代は、一年の初めは立春(2月4日)
だったので、節分から立春の夜に見る夢が、
初夢だったそうですよ。
(うん、これならわかりやすい!)( ˘ω˘ )

立春にリベンジできそうですね。

初夢で縁起がいいとされている夢!


さらに、さらに、いい夢の内容です。
一番は富士山で、二番は鷹で、三番は茄子!。
「えっ、脈略がない!」

これは、江戸時代から言われてきた言葉で、
徳川家康の出身地の、高いものの順番、
富士山、愛鷹山(あしたかやま)、初物の茄子の
値段から由来したとか。

また家康が、富士山、鷹狩り、初物の茄子が
好きだったからとも。

322804
富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、茄子は事を『成す』
(でました、日本人の語呂合わせ!) からだとか、

富士は『無事』、鷹は『高い』、茄子は事を『成す』という
掛詞(かけことば:1つの語句に2つの意味を持たせる)を
意味しているとも言われています。


これにはまだ、続きがあります。

  • 四扇(しおうぎ、よんせん)
  • 五煙草(多波姑、ごたばこ)
  • 六座頭(ろくざとう)

扇は富士と同じ末広がりで、子孫や商売などの繁栄を、
鷹と煙草の煙は、空に向かって上昇するので運気上昇を
願いました。
茄子と座頭(剃髪した盲目の按摩士)は、毛がないので
『怪我ない』と、洒落で家内安全を願ったものと
言われています。

諸説あって、四そうろう(葬礼)に、
五にせっちん(雪隠、便所:五糞の場合も)。
また、五が火事ってとこもあります。

逆夢としたり、予兆としたり・・

霊柩車に会うと、不幸を持って行ってもらえる
とかは、今でも言いますし、

便がつく夢はウンがつくで、金運がいい夢
とかなのでせっちんなんでしょうし。

火事は、気をつけましょうって、ことなの
でしょうか。

いやいや、今の時代、
『富士山を鷹が飛んでて、茄子漬け食べながらいる私』
って夢を見ても、あまりありがたくはないかなぁ~。

やっぱりあの人が、
甘いささやきをくれる夢がいいなぁ~。

-正月
-, , ,