ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

正月

鏡餅を飾る意味とは?飾り方は?どこの場所に飾るのが正解?

下げた鏡餅を、ストーブの上において、
焼いて食べると、美味しいですよね。
314691 うちでは、売れ残った100均の鏡餅を買い占めて、
毎日食べます、3月末までね。
(どんだけ好きなんだか!)(-_-;)

さて、毎年のことなんですが、年末になると
正月の準備や、お飾りなどで大忙し。

わたしも母の手伝いで、正月飾りをするのですが、
結構、しきたりってものがあるらしく、
この日はダメ、この場所はダメと注文も多い。

よく聞いてみると、正月飾りは縁起物だし、
昔から、たくさんの願いや思いが込められているらしい。

なんとなく納得したわたしは、大好きな鏡餅
焦点をあて、今回は、鏡餅を飾る意味や、飾り方、
そして飾る場所まで、詳しく調べてみました。

ぜひ、参考にして下さいね。

鏡餅を飾る意味とは?

鏡餅は、お正月を知らせるためだけの飾りではなくて、
お正月様こと『歳神様へのお供えもの』なんです。

『歳神様』とは、新しい素晴らしい年を運んで来られる
神様のこと。

鏡餅は、歳神様の『依代(よりしろ)』そこに神様が
おられる象徴なのです。
依代とは、『魂が宿る』ことです。


神棚の中にも鏡がありますし、神社のご神体も鏡です。

つまり鏡餅は、単に、丸い形に固めた餅ではなくて、
鏡の丸い形を思い描き、整えられた、年神様が来られた際に
宿る場所なんですよ。

そんな、神様の宿る鏡餅は、飾る場所も重要。


どこの場所に飾るのが正解?

さて、だいたい神棚って、一階の和室にあるものです。

基本、二階の作り方として、神棚を踏むような廊下を
配置してはいけません。
ベットや布団も、神様の上で寝るという、不浄の行為
なのでダメです。

神棚の上が、いかに二階だとて、人が神様の上を越えては
いけないってことは、念頭に置いていて下さいね。


すると、おしなべて、鏡餅の置く場所がわかると思います。
その家で一番高い所です。

神棚が一番ですが、その部屋その部屋の、一番高い場所
(タンスの上とか)に、鎮座していただきましょう。

また、仏様が修行したあかつきには、神様になるので、
仏壇にも置きましょう。

今は、パックに入ってカビない鏡餅が主流です。
ですが、しきたりとしての飾り方を説明します。


鏡餅の飾り方!

鏡餅は丸餅です。
お餅の丸い形は『円満』であり、二つ重ねるのは
『かさねがさね』を意味しており、円満に年を重ねて
行けますように、という願いが込められています。

317240

そして、飾り方としては、


  1. 三方(さんぽう)の上に、
    四方紅(しほうべに)を端が垂れるように敷く。

  2. 裏白(うらじろ)の葉っぱの白い方を前に向けて載せる。

  3. お餅を二つに重ねて置く。

  4. お餅の上に語弊(ごへい)を載せ、(だいだい)を飾る。


当然、それぞれに意味はあります。

  • (だいだい)は、大きくなっても実が落ちないのです。
    ですから『代々家が栄えるように』と願いを込め飾ります。
    でも、今はみかんの方が多くなりましたが・・

  • 語弊(ごへい)は、語弊束(ごへいそく)という場合も
    あり、赤は魔除け、白一色の場合は『四手(しで)』と
    呼ばれて、四方に手を大きく広げて繁栄するようにと、
    願いが込められています。

  • 四方紅(しほうべに)は、四方を『紅』で囲むことで
    『天地四方』を拝し、災を払って1年の繁栄を祈願します。

  • 裏白(うらじろ)は、葉っぱが左右対称に生えていて、
    対になってるところから夫婦円満で、また、古い葉が
    落ちないで新しい芽が出てくるので、家族の繁栄

    さらには、裏が白いことから『清廉潔白』を表して、
    白髪になるまで、『共白髪』までといい、長寿を願います。

いつ飾って、いつ下げるもの?


鏡餅を飾るのは、速すぎても遅すぎても
ダメなんですよ。
末広がりになる12月28日に飾るのが、
最適とされています。


29日は『苦』をつくや『二重苦』と言われ
餅をつくには、縁起が悪いとされています。

30日は、餅の固まりが微妙であり、
31日は一夜飾りと言って、年神様をお迎えするのに、
一夜でお飾りをするのは、失礼と言われています。
(宗派によって違いはありますが・・)

そして、いつまで飾るのかというと、
神様のいらっしゃるお松、松の内7日まで飾ります。

8日に下げた後は、すぐに頂いてもいいのですが、
鏡開きの1月11日から15日までのあいだで、
その地方の風習でいただきます。


113934

お汁粉が大半ですが、終戦前に生まれた方々は、
焼いていただく人が多いようです。
(我が家もそうです)(^^)

するめ(あたりめ)や、昆布も敷く地方がありますが、
やはり正しい飾り方は、お住まいの地区の鎮守様
(神社)に、お聞きになるのが一番かと思います。

ネット(これもですが)や、本に書かれてるとおりが
正しいのではなく、鎮守様が一番地域に根ざして
正しいのですから・・。

今年も、残り数ヶ月、また鏡餅ちゃんが食べられる。

でも、神様本体だと知ってしまった今、
恐れ多くて食べられるのかどうか、迷うところです。

神社で願うでしょ、10円でいっぱいお願いするでしょ、
でも、向こうにあるのは(神様)です。

つまり、自分に向かって『今年も健康をお願いします』
と、言ってるのであって、あまり無理な、自分には
できないような事は、お願いはしない方がいいと、
鏡餅に今日教えてもらいました。

-正月
-,