ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

二十四節気・雑節

大寒ってたまごを食べて金運アップを願うってホントなの?

友人が言ってた!
「大寒の日に産卵した、たまごを食べると、
金運がアップするらしいよ~」
と・・。

434408
わたしは「え?ほんと?」(。´・ω・)?
そんなこと、ばあちゃんも言ってなかった!

それに、なんで大寒にわざわざ、たまご?
特に、こんな寒い日は、鍋やおでんの方が
それらしくっていいんじゃないの?

と、思いましたが、友人があまりに真剣に
言うもんだから、わたしも少々気になり、

大寒にたまごを食べるものなのかを、
調べることにしました。
(決して、金運アップに目がくらんだってわけでは
ないですよ~ ( ゚∀゚; )タラー )怪しい・・(-"-)

ぜひあなたも、参考にして下さいね。

そもそも大寒って?

大寒とは文字通り、1年で、
もっとも寒くなる日ということです。

二十四節気の1つで、小寒(1月5,6日)後さらに
15日で、1月21日22日ごろをさします。

お松がとれて、小寒に入って大寒までが
『寒中見舞い』を出していい期間であり、
それは、年賀状より歴史がある習慣でした。

では問題の、大寒にたまごを食べるという習慣は
古くから、あったのでしょうか?。

大寒にたまごを食べるものなの?

さて、大寒にたまごを食べるかというと、
昔からその習慣はあったんですよ。

大寒は、とても寒いです、水も凍ります。

そのため、外で飼われている鶏などは、
水分が凍っているので、水が取れない分
エサを良く食べます。

エサを食べる=太る=栄養がある

という『寒卵』には、滋養があると、
昔から、よく言われてました。

今では特売で、10個100円の時もあるたまごですが、
お値段は、終戦後とそんなに変わっていません。

給料が、月10000円の時代の、昭和30年代でも
たまごは1個、10円から20円しました。
この頃は、たまご自体が高価なものだったのです。


時はまだ、スーパーマーケット、しかも特売が
あるわけでもなかったです。
小売店、地域の小さな商店が、おおよその食料品を
扱っていた時代です。

たまごは、病人や身体が弱い人が食べるものであり、
健康な大人でも、安易に食べることを、
経済的にしませんでした。

ですから商店に、その日に必要な個数だけ、
ザルを持って買いに行きました。
093447 商店がない場合は、鶏を飼っている農家に、
わけてもらいに行かねばなりません。

商店は金額で割り切れますが、
農家にはそうもいきませんから、
ますますたまごは、高値の花でした。

ましてや、大寒の時は、鶏はよく太って
栄養はあるだろうけど、ブロイラーではなく、
地鶏ですから、毎日有精卵を産むはずもありません。

こういった理由から、ますます栄養神話だけが、
庶民の心に根付いていったと、思われます。


地鶏が自然に産むのは、もう少し温かくなってからです、
この時季の鶏は、まだ胎内卵を宿してる状態であり、
だから稀に産まれた卵には、満ちあふれた生気があると
信じられてしまったのですね。

それは、まだ『寒卵』のお話です。

それでは、大寒のたまごで金運アップや開運という話は、
どこからやって来たのでしょうか?


大寒にたまごを食べると金運がアップするの?

最近の『大寒にたまごを食べる』って言うのは、
風水師が言い始めたことなんですよ。

風水といえば、中国4000年の極意、
それを全部会得した上での、お話なのかは
わかりませんが、
風水から来たものだと、言われています。

もともと風水では、たまごは金運には良いと
されている食べ物です。

それをさらに、
ブロイラーのエサに、黄身がより黄色みを
帯びるように改良されたものを、食べさせています。

040294
寒卵が売れるとなれば、大寒のころに、その色素が
よりキレイな黄色になるように配合。

すると、原価10個で100円のはずの、ブロイラー卵
(無精卵=あまり活力にはならない)も、
『大寒卵』として、大売れします。

なぜ、そんなことをするの?


黄色は金運の象徴の色だからです。
『大寒の栄養があるからこそ、黄色みが強い卵を食べる』
(栄養は普通だよ、工場生産だから)と、
より黄色い色をした黄身ほど、
『金運が上がる』って説を流布させたんですね。

確かにたまごは、栄養満点ですし、キレイな黄身を見ると
金運も上がりそう?
この辺りは、ご自身で判断して下さいね。
(えっ!3食おかずは、たまご?)(◎_◎;)どんだけ~


金運卵が売れれば、儲かる人は儲かるし、
たまごを一気に100個食べても、たまご出費しましたって
だけの人もでます。

たまごは、そこそこ食べてこそ身体に良い物なので、
食べ過ぎないでくださいね。

金運どころか、
コレステロール値が上がるだけですからね。

最後に

大寒に、たまごを食べたいなら、庭で自由に
雄も雌もまぜて、自然交配させてる地鶏を確認してから、
良心的な農家さんから、購入してくださいね。
093458 エサも、人工飼料じゃなく、野菜くずなどを
適度に与えてる、自然のたまごですよ!。
だって 、有精卵の大寒卵だから。

きっと、すんごく濃厚な黄身で美味いのは
間違いないっ!。


最後に話がそれますが、沖縄出身の友人が言うには、
沖縄では、大寒の頃、鬼餅(ムーチー)という
月桃の葉でくるんだ餅を食べていたそうです。
ちらほら咲き始める桜を見ながら・・・。
(寒~い大寒に、桜・・)Σ(`・д・ノ)ノ アリエナイ!!

大寒に桜が咲くなんて、少々うらやましい気もしますが、
所変われば品変わるもんですね。

-二十四節気・雑節
-, ,