ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

病気

アナフィラキシーショックとは?食べ物が原因?症状と対策は?

アナフィラキシーショックは症状が激烈!

場合によっては、命に関わることもある、
とても怖い症状なんですよ。

111368
何か特定のものを食べると、
じんま疹が出たりして、もしかして
アナフィラキシー?と心配な方へ、

アナフィラキシーとは、
どういう症状のことをいうのか?

また、どうすれば抑えられるのかなど、
今回は、アナフィラキシーショックについて、
対策も含めてご紹介しますね。


アナフィラキシーショックとは?食べ物が原因?

アナフィラキシーショックとは、
アレルギー反応のひとつです。

アレルギー反応には、
時間をおいて症状が出る遅延型と、
すぐに、症状が出る即時型がありますが、
アナフィラキシーは即時型です。

食物アレルギーの中でも最も重症化しやすく、
全身の複数の臓器に症状が現れます。

アナフィラキシーのアレルゲンとなるもの


  • 鶏卵
  • ピーナッツ
  • そば
  • 小麦
  • 牛乳
  • くらげ
  • 蜂の毒
  • ラテックス(天然ゴム)
  • 運動

など、様々なものが原因となりますが、
意外なことに、鶏卵が一番多いんですよ。


中でも珍しいのは、運動。
これは「運動誘発性アナフィラキシー」と呼ばれるもので、
運動の直後に、アナフィラキシーショックを起こしてしまう
ことがあります。

どのくらい摂取すると起きる?

たとえば卵を、どのくらい食べたら
アナフィラキシーショックが起こるのか、と
把握しておきたいところなんですが、
その量には、かなりの個人差があります。


そばアレルギーの人は、そばを茹でたお湯で一緒に
うどんを茹でただけでも、アレルギーを起こしますし、
ひどい人は、そば屋の前を通っただけで、
肌がかゆくなるという場合もあるほど・・。

320337
それほどひどければ、さすがに気づくと思いますが、
やっかいなのは、たくさん食べたときにだけ、
症状が出るという場合です。

量が少ないと症状が出づらいため、
アレルギーだと気づかない場合もあります。


アレルギーだという認識がないと、そのまま
アレルゲンとなるものを取り続けてしまうことと、
アレルギーに対する適切な治療が出来ないまま、
放置されてしまうことがあります。

「なんだか分からないけど、
たまに、痒みやじんましんがでる」では、
予防や対策はできないですよね。


次に、アナフィラキシーは、どんな症状が
出るのでしょうか?

アナフィラキシーショックの症状は?

花粉症なども、花粉を吸い込んだらすぐに、
くしゃみが出たり、目がかゆくなったりしますよね。

これも即時型アレルギーなのですが、
アナフィラキシーの特徴は、全身に症状が現れること。

蜂の毒などが皮膚から入った場合は、数分から15分くらい
食べ物の場合は、食後30分~1時間くらい
症状が出てきます。


具体的には以下のような症状がみられます。


  • 皮膚症状
  • かゆみ、じんま疹、むくみ、赤み、湿疹など
  • 消化器症状
  • 嘔吐、下痢、腹痛など
  • 粘膜症状
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、涙、
    喉の腫れ、喉のかゆみ、舌の違和感、まぶたの腫れなど
  • 呼吸器症状
  • 呼吸困難、息切れ、咳、しゃがれ声、喘鳴、むくみなど
  • 全身症状
  • 血圧低下、失神、失禁など


これらの症状が、2つ以上合わせて出てきます。

たとえば湿疹だけでなく、繰り返し吐くとか喘鳴
(息がゼーゼー、ヒューヒューと言う)が起きたり・・。

いくつかの症状が、複合的に起きている場合、
アナフィラキシーショックを起こしていると
考えられるので、出来るだけ早く適切な処置を
することが大切です。


アナフィラキシーショックに対策はあるの?

アナフィラキシーの対策で一番大事なことは、
原因となるものをとらないこと。

579351

食べない、接触しない、これが一番の予防法です。

そして、症状が出てしまった場合の対処法
しっかり理解しておきましょう。


自分がアレルギーを持っていなくても、家族や身近な人が
アナフィラキシーショックを起こす可能性がある場合は、
あなたが緊急の対処をすることも考えられますので、
いざという時に備えて、知識を持っておけば安心ですね。

薬での治療

軽いじんま疹やかゆみなどの皮膚症状、鼻水、
鼻づまりなどには、抗ヒスタミン剤。

咳、喘鳴などには、気管支拡張剤などを使います。

少し重い症状や、遅れて出てくる症状(二相性反応)を
予防するためには、内服用のステロイド剤を使うことも
あります。

最も重症である、呼吸困難などを防ぐためには
アドレナリン自己注射薬が使われます。

日本でも、2005年から使われていていますが、
2011年から保険適用になりました。
ペンタイプの注射液で、即効性があり
効果も高い筋肉注射です。

蜂の毒や薬物などは、症状が出るまでの時間が
極めて短いので、その可能性がある人は、
常に携帯する必要があります。

そして周りの人も、いざという時に注射できるように
練習しておかないといけないですね。

せっかく治療薬を持っていても、
正しく使えなければ意味がありません。

とっさの対処法

食べ物が原因の場合は、まず食べた物をすべて吐き出し、
口の中をきれいにすすぎます。

皮膚などにも付かないように、気をつけて下さい。

蜂の場合は、刺された場所をいじらないこと。
素人が下手に、毒を出そうとしたりすると、
逆にを体内に押し込んでしまう場合があります。

すぐに病院で医師に診てもらうのが一番です。

102046

ショック症状が起きてしまい、
病院にも連れて行けない場合はアドレナリン注射です。
ただし、これがすべての治療ではなく、一時的に症状を、
抑えているだけなので、急いで病院へ行きましょう。

いったん症状が治まったように見えても、時間を置くと
また、同様の症状が出る場合があるので、
気を抜かずに様子を見ておくことも必要です。

正しい知識を持っていれば怖くない

突然呼吸が苦しくなったりしたら、
とても不安になると思いますが、
正しい知識を持っていれば、大丈夫です。


もし、アナフィラキシーかも?と心配なのであれば、
病院で一度、アレルギー検査を受けてみましょう。

どのような食材にアレルギーがあるのか、
血液検査をすればわかります。

アレルギーの可能性が高い食材については、疲れていたり、
体調が悪い時には食べない、といった、普段の食生活でも
気を付けていれば、アナフィラキシーショックを
起こす可能性を、少なくすることが出来ます。

できるものなら、避けて通りたいですもんね。

アレルギー食材を、自分で知っておくことも、
食生活の上で役立ちますよ。

-病気
-,