ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

美容・ダイエット

酸化よりも怖い糖化とは?アンチエイジングの主流は糖化を防ぐこと!

糖化って、ご存じですか?

近ごろ、よく耳にするんですが、
実は、糖化って、酸化よりも肌には
よくないと言われているんですよ。

100308
どんなに紫外線対策をしても、
保湿効果の高い化粧品を使っても、

この「糖化」を防がなければ、
身体は内側から、どんどん老化して
いくんですって。
(恐ろしい・・)( ゚∀゚; )タラー


最近、肌のくすみやシワが気になる、
という人は糖化によって、肌が老化
してきているのかもしれません。

酸化は「身体がさびる」といわれます。

が・・

「身体が焦げる」と、いわれる糖化の恐ろしさを
知ったら、すぐにでも何とかしたくなるでしょう。

ってことで、今回は糖化について
詳しく記載しました。

まずは、糖化の原因を知って、正しい対策で
老化を予防しましょう! ぅん((´д`*)ぅん

酸化よりも怖い糖化とは?

私たちが食べたものは、体の中でエネルギーに
変えられていきますよね。

ですが、
運動不足などで消費エネルギーが少ないと、
代謝されずに、体内に残ってしまう分があります。

この余った糖分が、体内に存在するたんぱく質
(コラーゲンやエラスチン)と結びつくことで、
「糖化生成物(AGEs)」を作り出します。

この糖化生成物は、一度出来てしまうと、
どんどんと体内に蓄積されていき、
肌の黄ぐすみの原因になるといわれています。


パンやケーキを焼くと、表面が茶色くなります。
これは、砂糖と牛乳や卵などのたんぱく質が結びついて、
美味しそうなきつね色になるのですが、食べ物なら
問題ありませんよね。

この「焦げる」という状態を、
メイラード反応といいますが、これと同じようなことが、
私たちの肌でも起きれば、大変なことになります。

その、焦げるといわれる原因がこちら。

糖化の原因

糖化の最大の原因は、糖分の摂り過ぎです。
糖分とは砂糖だけではなく、白米やパンなどの
主食なども含まれます。

ですので、炭水化物が大好きな人は要注意です。

398956

そこに、ストレスや不規則な生活、
栄養バランスの悪い食事、などが加わると、
糖化に拍車をかけてしまいます。

糖化の原因となる食べ物


糖化を起こしやすい食べ物は、

  • ケーキ、クッキー、菓子パンなどの
    砂糖を多く使ったお菓子類
  • 炭水化物
  • 清涼飲料水
などがあります。

糖化の肌への影響は?

糖化は、体中に様々な影響を及ぼしますが、
肌については、どのような影響があるでしょうか。

黄ぐすみ

糖化は「焦げ」ですから、肌への最大の影響は
黄色くくすんでくること。

いくら美白化粧品を使っても、
褐色の糖化たんぱく質のせいで、肌がくすんでいるので、
食事から変えていかないと、透明感のある肌は
取り戻せません。

しかも、この糖化たんぱく質は、一度出来ると
分解されないので、どんどん蓄積していきます。

肌のごわつき

糖は、体内でコラーゲンやエラスチンなど、
肌の弾力を保っているたんぱく質と結びつき、
コラーゲンが硬くなるため、キメの粗い
ゴワゴワの肌になってしまいます。

また、糖化たんぱく質を排除しようとして
出てくる酵素が、そのまわりにあるコラーゲンまで
破壊してしまうため、しわやたるみの原因にも
なるのです。

食生活を見直そう

甘いものが好きな人は、
食生活から見直していくことが大切です。

食べるものを変えないと、
いくらスキンケアをしても、黄ぐすみはとれません。

低GI値の物を食べる

GI値とは、グリセミック・インデックス
(Glycemic Index)の略で、
血糖値の上がりやすさを数値化したものです。

このGI値の低い食材を選ぶことで、
食事のときの、血糖値の急上昇を抑えられます。

白米や小麦など精製されているものではなく、
玄米、そば、全粒粉のパン、緑色の野菜などは、
GI値の低いものが多いです。

食べる順番を見直す

食べる順番も重要です。

食事の時に、血糖値が急上昇すると
糖化を起こしやすくなります。

最初に食べるものは、野菜や海藻などの
食物繊維を、多く含むものからにして下さい。

食事の順番を変えるだけで、糖質の吸収を抑えて
血糖値の急上昇を防ぎます。

抗糖化作用のある物を食べる


特に、お茶は効果が高いんですよ。

227590
  • カモミールティー
  • 甜茶
  • どくだみ茶
  • よもぎ
  • トウモロコシひげ茶

などが、抗糖化成分が入っているといわれています。


空腹時間を長くしない

朝ごはんを抜いたりは、していないでしょうか。

一晩中食べていないところに、
朝食まで抜いてしまうと、空腹の時間が
長くなりますね。

その状態で昼食をとると、血糖値が急上昇します。

なるべく1日3食しっかりとって、
お腹が空き過ぎないようにすると血糖値も安定し、
糖化を防ぎます。

抗酸化対策も同時にする

酸化は糖化を悪化させ、
糖化は酸化を悪化させる、
といわれているので、
糖化を防ぐには、抗酸化作用のあるものを同時に
摂りましょう。

ビタミンA、C、E、ポリフェノールなどの
栄養素が、抗酸化作用が強いといわれています。

  • 緑黄色野菜
  • キャベツ
  • キウイなどのフルーツ
  • アーモンドなどのナッツ類
  • アサイー
など。

野菜やフルーツは、積極的に摂りましょう。

身体の内側からきれいになろう

糖化を防ぐためには、食べ物がとても大切だ
ということが、おわかりいただけたでしょうか。

スキンケアを頑張っているのに、
なかなか、くすみやシワが改善できない、
という人は、糖化対策も同時にした方が
いいかもしれませんね。

-美容・ダイエット
-