ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

雑学

初物食いは75日長生きするの?食べる時の方角まであるってホント?

初物のいうと、値段も高かったり、
家族みんなで、少しずつ分け合って食べたりと、
なんか貴重な感じがしますよね。

特に、『初鰹』などは、有名です。
近ごろでは、初競りのさんまに史上最高の
値段がつき、市場を騒がせていましたね~。

183272
わたしが一番「おぉ~初物だ!」
感じるのは、スイカかな~。
なんせ母が大好物なもんで、店頭に並ぶと、
いち早く買って来るみたいです。
(あんたが買うのは、新玉ねぎくらいじゃん!)(-"-)
(ほっ、ほっといてよ!)( ;∀;)

我が家では、とりあえず初物だと思う物を食べる時は、
東を向いて、乾き切った笑い声をたてて、いただきます。

何日か長生きすると言われているらしいのですが、
73日?75日?79日?毎回、学習できない親子です。
きっと、食べることばかりに、集中しているせいだと
思います。

そこで今回は、初物と寿命の関係について
調べてみました。

ぜひ、参考にして下さいね。

初物食いは75日長生きするの?

初物とは、正しい季節に、自然の力だけで成長した
食物のことを言います。
お菓子などは、季節商品としてその季節にだけ
置かれる物をさします。

その食べ物を口にするためには、何日か
待たなければならない、という目安があります。

一年間を、春、夏、秋、冬、そして、それぞれの前にある
土用の期間が18日。
で、四季を割ると、だいたい75日くらいの計算になります。

つまり、次の初物を食べるには、最低でも75日
待たなければ、食べられないよ、ってことです。


そして、それを食べるために
『一季節分、長生きしようね』ってこと、
初物を食べる(のを待つこと)
75日長生きする(しなければならない)
になったっていうわけです。

江戸時代の死刑囚からきたお話!

この論理が顕著に出ているのは、江戸時代の
死刑囚のお話です。
死刑囚に、町奉行から最後に、好きな物を食べていいぞと
お許しが出るわけです。

今のように、ハウスがあったり養殖があったりした時代では
ありません。
旬のものは、旬にしか食べられません。

そこで死刑囚は、一日でも死刑執行を遅らせたいが為に、
今の季節には収穫できないような食べ物を、リクエストしたと
いうわけです。

「承知申した・・」と、お役人さまのお情けもあり、
その季節の食べ物を食べさせるまで、死刑は
執行されなかったそうです。

今が春なら、夏が旬の初鰹や新茶など・・。

しかし、75日も経てば、その食べ物も届くということで、
初物を食べると、75日長生きすると言われたそうです。

でも今が夏で、冬の物『みかん』などをリクエスト
しようものなら、250日くらい長生きしますかね?。
(この間に恩赦とかあれば、死刑がなくなるかも・・)

死刑囚のリアルなリクエストが、75日長生きをする
という根拠であったわけです。

食べる時の方角まであるってホント?

では、『東を向いて笑って食べる』という風習は、
どこから来たと思いますか?

実はコレ、関西の風習らしいです。
『希少性のある初物を、江戸(東)より先に食べているぞ!』
という自慢だったそうです。
238429 まあ、無理矢理、太陽が昇る方向に感謝して、という説も
あるにはありますが・・。

関東の人はどの方角?

んじゃ、関東の人や東北の人は、どの方角を向いて
食べるんだろ?と、気になりますよね。

やっぱり、西なんですって!
『大阪(西)より先に食ったぜ!』
という自慢であったそうです。
(なんか、面白いですね!)(^◇^)

238430
まあ、西には阿弥陀様がおられるから、
感謝の笑みという思いもあります。

ああ、うちは、母が大阪で生まれた女やさかい、
東向いて笑って食べてるけど、北海道の人に
恨みはないですからね~。

次回はと・・
あら、みかんもりんごも柿も食べたなぁ~。
次回は春で、75日長生きしてから考えなくては・・。


初物を競い過ぎて・・

昔から日本人は、初物が大好きですよね。

確かに、今年初めて収穫された旬の物には、
生気が溢れていて、それを食べる事により、
新たな活力が得られると、考えられていました。

物流が盛んになりだした、江戸時代頃からは、
競って、初物を求めるようになったそうです。

一時期、幕府が食べ物の販売日を限定し、
初物を求める風潮を、制限するほどにまで
なったそうです。
232945 ですが、我先にと初物を競って買い求める江戸っ子には、
「初物禁止令」は、それほど効果がなかったそうです。
(誰だってみんな、食べたいですよね・・
まして、長生きすると言われれば・・)(-_-;)

最後に

でも、一つの考えとして、
実は、この命はあと一日しか残ってなくて、
今日食べた初物で、また、そこから初めの一歩として、
生きて行けると考えたら・・・
初物はとても、愛おしい食べ物になりますね。

旬の食べ物は、その季節にあった栄養素を含んでいます。

冬にサラダでキュウリ・・・。
いたしかたないんですが、冬にキュウリやトマトは、
あまり美味しくないですし、栄養素的には旬の物とは
段違いです。

冬サラダなら、大根サラダもあるし、ゴボウサラダもある。
ポテトサラダにマカロニサラダもあります。

旬の物、初物は旬に食べてこそ人は、神様仏様、
私たちを動かし生かしてくださっている、
大いなる力に感謝出来る。

感謝して笑顔で食べたい物です、初物。

-雑学
-,