ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

観光・レジャー

広島とうかさん!日程はいつ?今年も浴衣で盛り上がろう!

夏を迎えるにあたり
広島では6月に、艶やかなお祭り
「とうかさん大祭、浴衣祭り」
開催されます。


広島では、三大祭のひとつでもある
「とうかさん」
開催期間中は、45万人もの人出で
賑わいます。

とうかさんは、広島市中区にある
圓隆寺というお寺で、祀られている
「稲荷(とうか)大明神」の祭礼で、

稲荷(いなり)と唱えず、音読みで(とうか)と
唱えたことが「とうかさん」の名前の由来だと
言われています。

それって、
もし(とうか)と唱えていなかったら
「いなりさん」だったかも?(・∀・)?


この、稲荷大明神の祀られている圓隆寺。

正式名は、福昌山慈善院圓隆寺と言うのですが、
地元では「とうかさん」の呼び名で、浸透しており

商売繁盛から無病息災まで、
ご利益をもたらしてくれる神様として
とても、親しまれているんですよ(*^^*)


昔、日常着がまだ、着物であった頃は、
毎年、とうかさん大祭までに新しい浴衣を作り、
この日から、その浴衣を着るという風習もあり
別名、浴衣祭りとも呼ばれています!


とうかさん大祭に、花を添えるように
艶やかな浴衣姿の人々で、祭りも大賑わい。

今年、初めて浴衣を着る日。
なんだか少し、ワクワクしちゃいますよね!

これがその、とうかさん大祭の動画です。



さて、今年の日程はどうなっているのでしょうか?


とうかさん開催日程はいつ?

とうかさんの開催日程は、
毎年6月の第1金曜日から始まり
土、日曜日の3日間と決まっています。


今年、平成29年(2017) 
第398年でしたら大祭は、

開催期間  6月2日(金)3日(土)4日(日)です。
開催時間  12:00~23:00(最終日は22:00まで)
開催場所  とうかさん圓隆寺周辺
住所    広島県広島市中区三川町8-12
電話    082-241-7420(とうかさん祭礼委員会)


とうかさんへのアクセス

車の場合  山陽道広島ICから国道54号経由で7km 約25分
公共交通  JR広島駅より市電にて約10分「八丁堀」下車、
      南へ徒歩 約5分



そして1年のうち、この3日間だけ
「稲荷大明神」の御神体が、御開帳されます。

これは、ありがたい!
興味のある方は是非、拝観してきて下さいね(*^^*)

そして、まだ少し先になりますが、
とうかさん圓隆寺は、平成30年(2018)で
開闢(かいびゃく)400年。

とうかさん大祭は、平成31年(2019)で400年記念
を迎えます。
ここ2~3年は、とうかさんから目が離せないかも・・


でもどうして、
別名、浴衣祭りとも呼ばれるほど、
浴衣を着る人が多いのでしょうか?

なぜだろう? 
少し気になりません?(・o・)!


とうかさん、どうして浴衣を着る人が多いの?

とうかさんは、1619年から始まったお祭りで、
約400年も続いている、長~い歴史のあるお祭り。

その長い歴史の中で、浴衣を着るという
伝統行事については、諸説ありますが、

以下のような、代表的な説が2つあります。

盆踊りの衣装説

戦前の圓隆寺の敷地は、1600坪もあり
とても広く、祭になると、境内では出店が
立ち並び、やぐらを組んで盆踊りが行われていました。

その時の、盆踊りの衣装として浴衣を着ていたという説。

天候説

広島では例年、5月下旬から6月上旬にかけての
平均気温は、24度~28度という夏を思わせる暑さでした。

その為、6月に浴衣を着ていたという説。


この2つの説が有力で、
とうかさんから浴衣を着始める、
という伝統行事になったみたいですよ。


どちらにしても、女性にしてみれば、
浴衣を着て、お祭りへ出掛けるって
日常とは違って、なんだか嬉しいですよね!


今では、約1000件もの出店が立ち並び、
境内には500個の提灯まで、飾られているんです。

その中を浴衣で歩くって、きっと素敵ですよ~(*´∀`)

とうかさん期間中は、浴衣を着ている人限定の
イベントや特典も、盛りだくさん!


また、圓隆寺の周辺では、
浴衣をレンタルしてくれる
お店もたくさんあるので、

浴衣で行ってみたいって方には、おすすめ!
(レンタルの場合は、早めの予約を・・・)


同じ行くなら是非、浴衣で!
一番早い夏祭り、
夏の訪れとともに、楽しんで来て下さいね!(*^^*)

-観光・レジャー
-, ,