ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

風習

五節句の食べ物や由来には大切な願いが込められていた!

中国4000年の歴史には、陰陽五行説がありました。
それを元に、日本の暦は出来ていったのです。


日本には、季節の節目として、節句と呼ばれる日が
設けられています。

この日には、宮廷において節会(せちえ)と呼ばれる
宴会が開かれていたのです。
そこで出されたお料理は『御節供』と呼ばれ、
最も重要とされる、人日のある月・正月に『おせち』
として独立していったのです。

ここから分派した言葉と言えば、『人形』
ひな人形や五月人形のことで、これらは
『節句人形』というのが正しい呼び方です。


この五節句には、それぞれに行事食があり
その食べ物や由来にも、大切な願いが込められて
いたんですよ。

今回は、そんな五節句の食べ物について
記載しましたので、ぜひ参考にして下さいね。

五節句の食べ物や由来に込められた願い!

では、5つの節句の時に、なにが食べられるか
詳しく見ていきましょう。

『人日(じんじつ)』1月7日

七草の節句と呼ばれ、七草がゆを食べます。

七草とは
  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナ
  • スズシロ
106044

これは、三賀日でおせち料理をたっぷり食べた胃腸の
コンディションを正しく整えるように、また、
なかなか青菜のビタミンを摂取出来ない季節だから、
貴重な野菜をみんなで食べるという、知恵も入っています。


古代中国では、正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、
5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀を、当日の晴雨で
占ったとされています。

邪気を祓って、1年の無事を祈るという『七草』の意味が、
人の日である7日にはあるのですね。

『上巳(じょうし)』3月3日

桃の節句(ひな祭り)と呼ばれます。

桃の花を飾り、桃花酒か白酒、草餅(ごぎょうの草入り)で
お祝いしたのが、中国です。
日本はここに、桜餅や、菱餅、蛤のお吸い物、ちらし寿司などが
加わり見た目も豪華になります。


120512

なぜ、のお吸い物かというと、蛤は一対の貝殻が離れても
絶対に他に合う貝がないと言われています。
229381 貞操のシンボル=幸せな夫婦で、いつまでも仲良く
暮らすようにと、願いが込められています。

また、菱餅の色「桃色、白、緑」にも意味があるんですよ。

  • 桃色・・魔除け
  • 白・・清浄
  • 緑・・健康
という、意味を持っています。

小さい頃から、この日は特に嬉しかったです。
ちらし寿司に、お吸い物、最後に甘い物まである。
特に、ひなあられは数個、チョコレートがコーティング
されたものがあり、よく弟と奪い合って食べました。

それと、家族でよく話題になったのが、桜餅の葉っぱは、
「食べれるか?食べれないか?」。
もちろん、お餅と一緒に食べてもいいのでしょうが、
わたしは食べれませんでした。
うちのばあちゃんは「これは食べるもの!」と言って、
いつも食べていましたね。
「ばあちゃん大丈夫か?」なんて、思ってました。
(ツマルナヨ・・)(◎_◎;)

『端午(たんご)』5月5日

菖蒲の節句です。

菖蒲酒がメインです、また、お風呂に菖蒲を入れて入る
という風習もあります。
食べ物では、関東では柏餅、関西ではちまき。
柏餅の由来は、柏の木は次の新しい芽がでない限りは、
古い葉が落ちずに、つき続けるのだそうです。
それが『家の系統が絶えない』『子孫繁栄』という
縁起担ぎで、食べられるようになったとのことです。

また、ちまきは『悪鬼』に形どられ、ねじ切って食べて
邪気(邪鬼)を降伏させることにつながるからと
言われています。

古くは『薬草摘みの日』であり、薬草としての菖蒲が
『尚武』の音に通じるとして、男子の立身出世を願う
という行事に、なっていったんですね。

『七夕(しちせき)』7月7日

笹の節句、七夕です。

織り姫と彦星が、一年に一度会うと言われている
ロマンチックな日でもありますが、
中国から伝わった、女性の裁縫の上達を願う日です。

七夕の日は、お素麺を食べます。
悪鬼の祟りを鎮めるという伝説もあり、
この日に食べられる素麺だけ『鬼のはらわた』
呼ばれます。(怖っ!(◎_◎;))

七夕と言えば、笹に短冊の飾り付け、行事として
派手な割に、意外と食べ物は質素な気も・・


『3月3日、5月5日、7月7日』は、新暦だと、
全部同じ曜日になっているんですよ。
確認してみて下さいね。

『重陽(ちょうよう)』9月9日

菊の節句です。


菊の花を、杯に浮かべて飲みます。
また、食用菊をあしらった、和え物やお浸しなどです。

子供は栗ごはんを食べます(基本旧暦なので新栗も採れます)。
重陽の節句は、この時期にたくさん収穫されていた食材が
使われていました。


『九』という数字は、易によれば『陽数の極』にあたり、
これが重なることは、おめでたいという意味です。

ですが、宮中の節句としては成り立ち、また俳句を
詠む人にも想像上成り立ちますが、あまり庶民には
浸透していないかもしれません。


まとめ


1月7日「人日」・・七草がゆ
3月3日「上巳」・・白酒、ちらし寿司、蛤お吸い物、菱餅
5月5日「端午」・・菖蒲酒、柏餅、ちまき
7月7日「七夕」・・そうめん
9月9日「重陽」・・菊酒、菊をあしらった料理、栗ご飯

折り目折り目に、邪気を祓い、キレイな身体になって
一年を過ごす。
昔の人は、穢れることを嫌ったわけですね。
また、家族や子孫のために、たくさんの願い
込められていたんですね。

庶民には、あまり浸透していなかった、9月の重陽の節句も
菊にトライです。
わたし個人的には、やっぱり女子だし、華やかだし
3月の行事食が一番好きですけどね~。

さて〆に、9月まで節句があるなら、なんか11月にもないと
物足りないなぁ~と思うのは、わたしだけでしょうか?。

-風習
-,