ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

風習

節分の豆まき!なぜ豆をまくの?実はすごい由来が存在した!

節分とは、季節を分けるという意味で、
立春・立夏・立秋・立冬の前日を指します。

しかしながら、今では、冬と春を分ける日、
立春だけを言うようになりました。

なぜなら、旧暦で言うと「立春」
だいたい、大みそかに当たるからです。

昔は、旧暦で物事が行われていたので、
この大みそかに、その年に起きた
全ての悪いことを鬼のせいにして、
たたき出そうとしたのが「豆まき」
始まりとも言われています。



ですが・・

なぜなんだ?と、思いませんか?。
(当時、もっと身近だった、米や麦でも
良かったような気も・・)(。´・ω・)?

と、言うことで、今回は節分には
なぜ豆をまくのか?
その由来を記載しましたので、
ぜひ参考にして下さいね。

節分には、なぜ豆をまく?その由来は?

節分に豆をまくという由来は、
中国から伝わったとも言われています。

豆は「魔滅」に通じており、魔を滅すると
とらえ、すなわち、無病息災を祈願すると
言われていました。

その他にも、豆だからこそ!
といった、由来があるんですよ。

毘沙門天のお告げ!

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、
毘沙門天のお告げによって、大豆を鬼の目に
投げつけたところ、鬼退治ができたというお話があり、
「魔の目(魔目=まめ)」に投げつけて
「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるという事と
されています。

そのため東北地方では、
「鬼は外、福は内、鬼の目ん玉ぶっ潰せ!」
と言いながら豆をまくそうですよ。
(少々、怖い・・)(◎_◎;)

この豆は、生の豆ではなく、
必ず火を通したものとされています。


なぜなら生の豆だと、そこからまた悪の芽
出てしまうと恐れられていたんですよ。

「炒る豆」「射る豆」にも通じていたから
なんです。

陰陽五行説!

また、陰陽五行説(木・火・土・金・水の五行)では、
鬼も豆も「金」に当たり、この「金」の作用を
滅するという「火」で大豆を炒ることで、
鬼をまず封じ込めます。

そして、その豆を最後の最後には人間が
食べてしまうので、鬼を退治したってことに
なるのです。

ヒイラギとイワシでも鬼退治!

また、豆まきのほかに、ヒイラギの枝にイワシの頭を
刺して玄関に飾るという、節分の風習もあり、
「ヒイラギイワシ」と言います。


鬼は尖ったものに弱いですし、イワシは2~3日
風に当てれば腐って異臭を放ちます。
臭くて尖った物で、鬼の目をつぶすと言うわけです。

昔の話ですが、節分にヒイラギイワシを玄関に飾ると、
次の節分にチェンジするまで、飾りっぱなしでした。
ですから、ものすごく臭い時期もあるので、
玄関で鬼はシャットアウトです。

このことから「鰯の頭も信心」という
ことわざが生まれています。
イワシは、魚へんに弱いと書きます。
弱い魚でも、その異臭で鬼すら封じ込める
ことができるということですね。

誰が鬼の役になる?

豆まきは、その家の家長(父親)が鬼になります。
それは、家長だけに外界の色んな邪に
さらされているからです。

豆を家族に撒いてもらうことで、祓い清める
という意味もあります。


「福は内、鬼は外」が基本ではありますが、
商店等では「福は内、鬼も内」という掛け声になります。
それは、鬼のように根性の悪い人でも、
お客様に代わりないからだと言われています。


最近は、大豆を炒ってまで節分に豆まきをしょう
ではなく「恵方巻を食べよう」や「恵方巻で開運」
といった、スーパーなどの宣伝に影響され、
豆まきで厄除けより、恵方巻の方角の方が気になる
という現代人の姿もあります。


豆まきは、このまま廃れていくのでしょうか?。

私が子供の頃は、恵方巻よりも豆まきの方が
嬉しいイベントでした。
幼稚園や子供会でも、鬼に扮装した先生や親に
豆をまくといった行事がありました。

明治生まれの、厳しいばあちゃんがいたので、
巻きずしを切らずに、かぶりついたり、
食べ物を投げたりするなんて、もってのほか・・
でも、この日だけは家でも許されるんです。

日にちが経っても「これ、いつの豆?」なんて
玄関周辺からポロリと出てきたりもしたもんです。


最後に

京都の花街や東京の浅草、大阪の北新地では、
芸者さんやホステスさんが、奇抜な衣装で
接待する日があります。

それを「節分お化け」と称します。
映画「舞妓はレディ」にその姿が
映し出されています。

厄払いのため節分の日に、普段と違う服装で
寺社仏閣参拝を行うと、魔を追い払うことができると
信じられていた為に、色っぽい世界にその風習
残っているのですね。

いわば、日本版ハロウィンといえるかと思います。

今は、2月3日に定着しているかに思われる節分も、
1985年~2024年に限ったことであり、
2025年(あるいは、2021年からかも・・)には、
閏年(うるうどし)の翌年は、2月2日に、
暦上の都合でなるかもしれない!
ってことを書いて、終わりにします。

-風習
-, ,