ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

病気

金属アレルギーかも?ピアスでこの症状!

ピアスでの金属アレルギーに、困っていませんか?
ピアスで、おしゃれを楽しみたい!

001535
と思い、せっかくドキドキしながら、
耳に穴を開けたのに、痒みや、かぶれがひどく
ピアスが付けれない・・・

こんな症状、とても悲しくなりますね。

私も、ひどい金属アレルギーで、
お気に入りのピアスを見つけて購入し、
付けてみても、2~3時間経つとすぐに、
耳がムズムズと痒くなったり、赤く腫れたりします。

すぐに、取り外しオキシドールで消毒!
ってことを、繰り返しやっていました。

今までは、肌に触れる金属の方には意識を置かず、
単に、デザインだけで購入していたせいでしょうか、

購入し、付けてみてから、コレだめ!
コレいける!と判断していました。

ですが、同じお店で購入したピアスでも、
症状が出たり、出なかったり・・・

なんで・・・(?_?)

もしかして(・。・)!

金属によって、違いがあるのかも?と、疑問に思い
金属アレルギーの事を、詳しく調べてみました。

ぜひ、あなたも参考にして下さいね。

金属アレルギーとは?


世の中には、色んな物質でアレルギー反応を
起こしてしまうって方、いらっしゃいますよね。

そして、金属アレルギー

これも、卵アレルギーや小麦アレルギーと同様で、
アレルギー反応のひとつです。

アレルギーを起こしやすい金属が、皮膚に触れると、
アレルギー症状を起こしてしまいます。

特に、汗をかく夏場は発症しやすく、発汗により
金属イオンが流れ出し、体内に吸収され、

アレルギー源に姿を変え、症状を引き起こします。
(金属が流れ出すなんて!ビックリ!(@@;))


腕時計や、他のジュエリーでも、
このような症状が、出る場合もありますが、

特に、ピアスの場合、直接皮膚組織に金属部分が
触れてしまうので、症状が出やすいのです。

そのまま放っておくと、
とても、ひどい事になってしまいます。


どんな症状がでるの?


早速、新しいピアスを付けてみると、
2~3時間、経った頃からでしょうか

まず、最初は少しムズムズ、
なんか、ムズムズ・・・(・・;)

変な違和感と、痒みが出て
どうしても手で耳たぶを挟んで、擦ってしまいます。
(私の場合は、この時点でコレ合わない!
と気付き、すぐに外してしまいます。)


ここからが危険信号!


そのまま、我慢してピアスを付けたままにしておくと、
皮膚が赤く炎症を起こし耳たぶ表面の、薄い皮がめくれ、
ガサガサにかぶれたように、なってしまいます。

とにかく痒い・・・(~_~;)

298208
そして、これをまた我慢して放置しておくと・・・

こんなに小さな、ピアスの穴から金属イオンが侵入し、
血流に入り込みます。
体全体に回ってしまうと、全身性皮膚炎
なってしまうこともあるんです。

とても小さい針の穴から、全身へ回るなんて
怖いですよね~((((;゚Д゚))))

では一体、どんな金属に注意すればいいのでしょうか?

アレルギーを起こしやすい金属


ピアスの素材で、特に気を付けたい金属は
以下のような物です。

  • ニッケル
  • コバルト
  • クロム
  • パラジウム
  • スズ
  • 亜鉛
  • 水銀

可愛い~お気に入り!という、気持ちも分かりますが
すぐに、痒みが出てしまうと言う方は、金属の素材には
十分に注意して下さいね!

特に、ニッケル、コバルト、クロムのこの3種類は、
アレルギーを起こしやすいと言われています。

なのに・・・

女性の身の回りの物には、以外とたくさん
これらの金属が使われているのも、事実です。
(そうなの?Σ(・ω・;|||)

ヘアピンや、ブラジャー、アクセサリーやベルトの
金具部分などに、使用されていることが多いのです。

化粧品だって、使用されていることがあるんですよ。

その為、金属アレルギーって女性の方が
多く、発症しているんですね。

だったら、どんな金属だったら安心なの?(・・?

アレルギーを起こしにくい金属


アレルギーを起こしにくい金属
以下のようなものが、あります。

  • プラチナ
  • チタン
  • ステンレス

ですがこれも、アレルギーを起こしにくいというだけで、
絶対に起こさないという訳ではありません。

金属である限り、アレルギーを起こしてしまう
可能性は十分にあります。

うぅぅ~ん(。-ω-). . . (。゚ω゚) ハッ!

だったら、金属のピアスつけるのや~めよッ!
なんて、思っちゃいますよね!

特に近頃では、
樹脂ピアスやアクリル製ピアス等

金属アレルギーの人を救ってくれる物も、
たくさん販売されています。

確かに、金属じゃないんだから、
金属アレルギーは発症しません。

しかし・・・

樹脂ピアスや、アクリル製ピアスは
キズ付いたり、折れたりと以外と壊れやすい・・・

特に、キズが付くとピアスの場合は
直接、皮下組織に触れるので、雑菌が繁殖
しやすいのです。

するとまた、赤く腫れたり、化膿したりと
トラブルを引き起こしてしまいます。

その辺りの、取り扱いには
十分に注意して、使用して下さいね!
224456 どうしても、
金属アレルギーの疑いが拭えない・・・(・・;)

と言う方は、症状がひどくなる前に、どの金属で
アレルギーが出ているのか、接触性アレルギー検査を受けて、
自分にはダメな金属を知っておくことを、オススメします。

簡単なパッチテストで、どの金属がアレルギーを
起こすのかが分かります。

それを知っておくことで、安心してピアスを
選ぶ事が、できますよ。


金属アレルギーを防ぐ方法


できるものなら、金属アレルギーに
なりたくないですよね。

その為、予防は重要です。


  • 金属の素材に気をつける
  • 痒みが出たり、かぶれる金属を身に付けない。

  • アレルギー源を体内に入り込ませない
  • 暑い時期は、汗によって金属の溶解が起こりやすいので
    汗をかく時は、金属を身に付けない。

  • 清潔にしておく
  • 特にピアスは、皮膚組織そのものに触れるため
    雑菌が繁殖しないように、使用した後は、
    消毒などをして、常に清潔に保ちましょう。


金属アレルギーは、一度罹ってしてしまうと
完治は難しいと言われています。


金属アレルギーと一生のお付き合い!(´Д⊂グスン

なんて事に、ならないためにも、自分の苦手な金属を
知っておいたり、予防したりする事は、とても大切ですよね。

今では種類も豊富で、おしゃれの幅も広いピアス、
金属のことを詳しく知って、もっとピアスを楽しみましょっ!

-病気
-, ,