ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

生活・暮らし

喜寿とは何歳のこと?お祝い金額の相場は?紫色がキーワード!

2016/07/17

友人のお母さんが今年、喜寿なんです。

子供や孫たちが揃って、みんなで
お祝いをするそうなんですが、、
お祝い金額や、贈り物のことで悩んでいる。
201355 そっか~人生のうちで、とても大切な記念日
ですもんね。

いい日にしてあげたい、ということなので、
今日は少し、喜寿について記載したいと思います。

お祝いができるほど、お元気な『人生の先輩』
身近にいるって、とても幸せなことですからね。

あなたも参考にして下さいね。

喜寿とは何歳のこと?

70歳が古希『古代、稀なり(こだい、まれなり』

人生50年が、昔は常識とされていましたから、
それより20年長く生きたってことは、
喜びとされていました。

喜寿は、古希から、7年長生きした、
『77歳』を祝うものです。


77歳でなんで喜寿なの?これは素直な疑問です。
漢字、お習字の漢字の中に、草書体というのがあります。

それで、77(七十七)を書くと、七の字が3つ重なり、
「㐂」喜ぶ、と読むことができます。

ですから、77歳は「おめでたい」や「祝い」という、
漢字自体の意味をもつ「寿」と合わせて『喜寿』
『とっても長生きを喜ぶ、めでたい!』
ってことなんです。

250347
このあとに、88(米寿)99(白寿)もありますから、
昔っから、日本人はぞろ目が大好きな国民性なのかも。

77歳というと、そろそろ老いの身体にも
変調があらわれて、病気がちになるものです。
平均寿命に近づいてるってことですからね。

だからこそ、明日が正直わからないから、
80歳の傘寿と合わせて、短期間でお祝いすることで、
親族身内や、友人知人に祝ってもらったから、
もう一踏ん張りして、がんばらなくっちゃ、って
決意してもらう始まりが『喜寿』なのかもしれません。

こんなに喜ばしいことなのですが、
ぶっちゃけ、お祝いはいくらぐらい
包むのが相場なのでしょうか?

お祝い金額の相場は?

お祝い金は、いくら包めばいいか、
これが、まだ煩悩の塊の、私たちの本音だと思います。

正解は、包まなくっていい、祝う気持ちが肝心。
だと、思うのです。

心から祝ってもいないのに、包むものだけ立派でも、
なにも伝わらないじゃないですか。

でも、育ててもらった両親、かわいがってもらった祖父母、
お世話になった方々に包まないと、成長して大人になった
自分のこけんにかかわると思うのも、また人の常です。
  • 両親には、2万円から5万円
  • 祖父母には、1万円から3万円
  • お世話になった方には、5千円から1万円
が妥当だと思われます。

ここに結婚式の割り切れては困る、
葬式の割り切りましょう法則はありませんから、
あなたの懐にきいて、大丈夫な金額でいいのです。

両親や祖父母からは、包んだ分以上の
見返りがあると思うので、差し引きは
プラスにはなるんですけどね。

正直、このくらいの年齢になると、洋服も買わなくなるし、
旅行も、おっくうになったりしますから、お金をもらっても
『目的のあるもの』には、使わないものです。

現金が、使い道のわからない生活費として
消えてしまったりします。

だったらいっそ、プレゼントはどうでしょう。
キーワードは『紫』です。


紫色がキーワード!

かつては、町に必ずあった布団屋さんで、
『壽』の文字が入った、紫の手作り座布団を贈りました。
これが、常識でした。

ちょっとお金持ちだった時代の官公庁、県知事からの
贈り物が、紫の座布団でした。

紫は、最高の位の和尚さんしか着られない服の色でした。
紫雲は、おめでたいことが起こる前兆であり、
極楽からのお迎えのときの雲が、紫色なんだそうです。
(けっして、77歳には言わないでください)

だから、長生きして、世の中に貢献して、徳を積んだ
という意味が、紫には込められています。

ふかふかの紫の座布団で、長年の疲れを癒してって
意味でしょうか。
おばあちゃんと猫

おばあちゃんと猫


でも、みんながみんな座布団を贈ると、
家中が紫座布団まみれになりますから、
そこはひとつ、お祝いをする関係者で話し合ってくださいね。

紫水晶の念珠ブレスレットでもいいかもしれません。
きれいな藤色のお洋服でもいいかもしれません。

キーワードは「紫」ということで、
プレゼントを選んでもいいかもしれません。

でも、ショッキングピンクが大好きだっていう
ポップなご両親には、紫でなくって全くかまいません。

とにかく、お祝いする気持ちがまず先なのであり、
金額は二の次です。

ちょっとホッと、しましたか。

あなたの人生の1日、お祝いのために
使ってあげることが、一番の贈り物かもしれません。

いずれは、あなたも『喜寿』になるのですから。

-生活・暮らし
-, ,