ハテナアンテナ

あなたのハテナをわかりやすく解説!

健康

湯船につかる効果とは?時間や温度は?綺麗な人は湯船につかってる!

2016/08/10

女子は、下半身が一番大事。
祖母の家訓です。

身体は、ほぼ水分でできていて、
それは下(しも)から冷えてきます。

166077
今の若い女子の、生足などとんでもない、
けしからんということになります。
若いときはいいんです。

ですが、出産するときや更年期のときに
つけがまわってくるって、女性代々の教えなのです。

女性は、足腰を冷やしてはいけないのです。

では、なにが一番、下から全身を暖める方法かと
言うと、強引ですが完璧な入浴です。

昨今は、簡単にシャワーが主流ですが、
シャワーは入浴にあらず!

ちゃんと毎日、お風呂の湯船につかると、
女子には良いことが、たくさんあるんですよ。

といって、ガス代や電気代もかかるので、
絶対なところ、週に1回から一日置きくらいには、
湯船につかることをお勧めして、効果を述べたいと
思います。

湯船につかる効果とは?時間や温度は?

お風呂に、ざばーっと浸かることは、
筋肉や関節の緊張がほぐれ、
リンパの流れがよくなります。
ひいては血液の流れもよくなります。

全身の毛細血管は51億本とも言われ、
そのうち30億本が、皮膚にあります。

全身の三分の二が皮膚ですから、
顔の下だけでも相当数ありますよね。

そこの血流がぐるぐる巡るとお考えください。
巡るからマッサージ効果も当然ありますよね。
セルフマッサージされれば、セルフ疲労回復もします。


087351

つまり、それが、身体の芯まで温めて、
冷えやむくみのない身体作りになり、
下半身を大切にする、ということなんです。

だからこそ夏、冷房で身体の芯まで冷えた身体を、
身体の芯まで湯船で温め、実体温回復させなければならない
『夏こそ入浴』時期強化月間なのです。
夏の入浴回数は、シャワーよりも増やしてください。

湯船につかる時間は?

さて、入浴時間は10分がベストタイムです。
20分以上になると、
(温泉の場合は、また違ってきますが、あくまでもMYお風呂)
お肌の乾燥を促進してしまう、というデメリットがあるので、
長湯でも15分までです。

10分ほど湯船につかることで、8割方の汚れが落ちます。
毛穴が開くからです。
肌にもいいですが、実は頭皮、髪にもとても好ましいのです。

頭皮の毛穴が開きますから、髪の芯にある汚れが
シャンプーを使用しなくても、水流だけでほぼ落ちます。

シャンプーは化学製品ですから、できる限り少量
済ませる方が、いいですよね。

また、身体のいわゆる『あか』も10分入浴で、
手でこすって落ちますから、これもまた化学製品の
ボディソープを多量には使わなくても、
汚れも、臭いも落ちるというわけです。

湯船の温度は?

では、何度くらいの湯船がふさわしいかというと、
夜は39℃、体温より少し高いくらいがいいんです。

このくらいの温度が、副交感神経に作用して、
心身を落ち着かせ、リラックスホルモンが出てきます。

人間の身体は、体温が下がると眠くなるシステムに
なっていますから、入浴中にだいたい38℃になると
ジャスト温度です。

副交感神経が夜のうちに回復しないと、
昼間に、けだるいだけでなく、実は睡眠中も身体を
休めることができません。

夜はリラックス、昼間は健康的に・・
これって、かなり重要なことなんですよ。( ˘ω˘ )


おすすめしないお風呂の入り方

時間がないから、シャワー気分で朝風呂42℃
健康法をお勧めする方もいますが、
これは、朝早くから働く江戸っ子が、おやつとはまた別の、
朝休憩で朝風呂につかります。

まるで我慢大会のように、熱いお風呂に入ります。

それは、交感神経を刺激することによって、
気合いを入れるためにできたことです。

でも、現代の生活スタイルでは、身体には
よくない入りかたです。
熱い風呂からは、冷えがきます。
朝シャワーもしかりです。
215937 でも、昨夜お風呂に入れなくって、
シャワーもできなくって、という緊急時のみ
にしてください。

また、他のお風呂の効能などで、たまに見かける
10分で80キロカロリー消化で、20分ジョギングしたのと
同じだから効率いいダイエット。

静水圧で、ウエストとかふくらはぎが痩せる~って
あるけど、それは、上がって数分の状態で、
常時、痩せているというわけではありません。

あと、湯船に浸かるっていうのは、
ダイエット目的ではなくて、身体の芯から温める
っていうのが主眼なんです。

痩せたらいいけど、そのために身体冷やしたら、
元も子もないですよね。

それともう一つは、半身浴。
これも実は、それほど身体には良いものでもないと、
最近の研究結果が出ています。

確かに、休日リラックスするために、
昼間の温かい時間に、するのは良いとしましょう。

でも、どんなに上半身の体温を保つカバーを巻いて、
風呂のふたでサウナ状態にしたとしても、

上半身の身体温度と、お湯に浸かっている、下半身の
身体温度に差ができて、身体がねじれ反応を起こします。

夜に半身浴は、やらないで下さいね。

さらに、もうひとつ注意点を・・

入浴前には、常温の白湯をコップ一杯
飲んでくださいね。
これが、身体の巡りを促進します。
キンキンに冷えた、ミネラルウォターはやめて下さいね。


綺麗な人は湯船につかってる!

私の友人は、平日はシャワーのみです。
でも、土曜日だけは浴槽にぬるめのお湯をはって、
バラの入浴剤を投入し、身体の芯まで温めます。

なぜって?

日曜日に、大好きな先生のレッスンがあるからです。


100301

先生にだけ、きれいな自分を見て欲しいから、
お風呂に入って、お肌つやつやのコンディション
なるように、持って行くんです。

お風呂フェロモンを、出していくのです。
こういう女心も、お風呂の湯船は叶えてくれるんですね。

あなたも、ここぞ!という時は、湯船に浸かり
血流を良くし、お肌のコンディションを整えて下さいね。

-健康
-,